自分らしく楽しい人生を!

温故知新

時事ネタ アイデンティティ

新元号「令和」に思うこと

ついに新元号が発表になりましたね

「令和」

まだ違和感はありますが
万葉集からとった言葉ということで

世の中が徐々に
アイデンティティというものを再認識する
流れになってきてる感じがして嬉しいですね〜

そもそも
元号ってなんなんすかね?

元号とは

参考

元号(げんごう)とは、日本を含むアジア東部における紀年法の一種。特定の年代に付けられる称号で、基本的にを単位とするが、元号の変更(改元)は一年の途中でも行われ、一年未満で改元された元号もある。
Wikipediaより

ということですが
これだと別に元号なくしてもよくない?
となってしまいますよね

実は元号にはもっと別の意味合いがあるんです

日本が独立国家である証

日本が初めて元号を使ったのが
645年の大化からです

それより以前は
すごくざっくりいうと

中国(その時々で皇帝が代わり
国が変わってますが)
の属国のような感じだったんです

これは日本がそう思ってるというより
中国サイドはそう思ってた。

しかし645年
孝徳天皇の時に大化という元号を使い始めることで
日本は中国とは別の独立した国家として
独自の政治、文化、文明の道を歩みだします

以来ずっと元号を使い続け
今では世界で日本だけに残ってる文化に
なってます。

よく
世界で使ってないんだからなくしちゃえ
的な事をいう人もいますが

それって
みんなが右と言ったら右へ行き
左と言ったら左へ行くようなもんなんじゃ?
と思ってしまう

確かに元号より
西暦の方がわかりやすい部分もあるし
便利な部分もありますが

なくす必要性よりは
残す必要性の方があるんじゃないかな
と僕は思います

ということで
新たな年号も決まり
これから日本が
新たな一歩を踏み出せることを期待しましょう!

 

-時事ネタ, アイデンティティ

Copyright© 温故知新 , 2019 All Rights Reserved.