時事ネタ

IQ188の天才が…

投稿日:

先日たまたまつけたテレビで
IQ188の天才くんの話題をやってて
いやいや
めっちゃ凄い天才でした!

なのに…って話

天才ゆえの苦労

うろ覚えなので
正確じゃないかもですが

天才過ぎて
常人とものの味方が違い
大変苦労をされたそうです

特に「時間」がわからなかったんだそう

僕みたいな凡人は
時計見て1分は60秒で
なにがわからないのかわからないんですが

時間という概念?
時間ってなんなんだ?
と考えてわからなくなってしまったそう

そんな時に
アインシュタインの一般相対性理論と
特殊相対性理論の話を聞いて
やっと時間という概念が理解できたのだとか

いやすご過ぎですね
僕なんかは逆で
時間をカチカチと過ぎていくものと理解し
その上で相対性理論等を理解しようとしますからね〜

他にも
自然の美しさ
色やバランスなどの感覚がするど過ぎて

黄金比ではないバランスを見てると
気持ち悪くなるんだそう

テレビじゃ黄金比しか言ってませんでしたが
白銀比や青銅比なんかも
感覚でわかるんでしょうね!

だから絵もめっちゃ上手いし
音楽も作曲できてしまう

物理学は独学で理解し
プログラミングも4年かかる授業を
1年で理解してしまったそう

あとは公園で遊んでる親子などを見て
平和と愛に溢れてる世界に感動して
涙が出ちゃう子どもだったんですって

このテレビを見てて
もうこの人

宇宙そののもじゃん

って思っちゃいました

実はみんなに備わってる能力

IQの高さは凄いけど

僕はこの能力は
全ての人に備わってると思うんです

それが間脳視床下部だったり松果体だったり
の能力なんじゃないかな?と

いわゆる原始的な脳の部分で
この世のあらゆる情報が入ってる
もっと言っちゃえば
この世界(宇宙)を構成してる法則を
理解してる部分

ただ僕らは
その原始的な脳の周りに
人間になってから発達した脳
大脳皮質を使ってるから
この天才くんのようにならないのかも
しれません

なので
大脳皮質の活動を止めて
間脳視床下部の情報をキャッチするのに
瞑想が有効だと知った人たちが
会社で瞑想を取り入れてたりする

ただ今回
この番組を見てて
ほんと世の中やばいなと思ったのが

学歴社会の闇

こんな天才
どこの企業も採用間違いなし
だと思いますよね

でも現実は違うんです

大学へは家庭の事情で行かず
プログラミングの専門へ行ったそう
そこで1年でマスターしちゃったから中退

大学は出ていなくて
専門も中退だから
彼の最終学歴は高卒

面接へ行っても
高卒だからどこの会社からも相手にされず
結局今、大学受験に向けて
勉強中なんだそうです

これ
ヤバくないですか?

彼がじゃなくて
世の中が!

しかもIQ=勉強できるではないんだそうで
今の勉強は記憶力がよければ
点数が取れる学習なんだって

IQと記憶力は別なので
すごく苦労してるみたいです

本来なら
ここまで能力の高い人は
どんどん世の中を引っ張っていけるはずなのに

学歴、しかも今の教育の学歴が
それを邪魔してる

さすがにもう
この状態はおかしいと思う人も増えてきてるから

これから本当に世の中が変わると思います

ユーチューバーをバカにしてちゃダメなんです
だって彼らは自分の才能を活かして
十分なお金を稼いでいますから

将来の夢に
ユーチューバーは書いちゃダメって
学校もあるみたいですが
そんなことするから
苦しむ人が出てくるんですよね

いい学校出て
いい会社へ入って
いい人生が送れる時代は終わりました

今回の彼だけじゃなく
一人一人が自分の才能を
存分に発揮して
みんながそれぞれ支え合って
調和のとれた世の中に
シフトさせたいと
僕は思ってます

今年は2019年
これからどう変わっていくのか
良い方向へ変わると信じて
ワクワクしながら
自分の進みたい方へ進みましょう!

 

-時事ネタ

Copyright© 温故知新 , 2019 All Rights Reserved.