自分らしく楽しい人生を!

温故知新

九性氣學

大安とか仏滅はあまり意味がない

カレンダーに
大安とか仏滅とか書いてあると
なんだか気にしちゃう

でも
ほんとは
大安とか仏滅って
あんまり気にしなくていいんです

吉日は人それぞれ

日本の昔のカレンダーを
暦っていいますが

実は
暦が見れるようになると
自分にとって
運勢のいい日がわかるんです!

これは今年の2月の暦

今日が2月13日なので
かのと み のしたに六白とあります

きのえ、とらは
十干、十二支で干支というんですが
それぞれ意味があり
組み合わせが60通りあるんですが
これはまた後日お伝えするとして

次の
六白って部分(九星)
ここを見るだけで
ざっくり自分の運勢の良し悪しが
わかっちゃいます!

まず自分の九星を調べます

算出方は
10から西暦の下二桁を引く
例えば1985年生まれの場合
10-((8+5=13)1+3)=6
なので六白金星
となります

まあめんどだという人は
こちらのサイトで
すぐわかります笑
▼▼  ▼▼
https://keisan.casio.jp/exec/system/1298015429

年下九星ってことをみます


自分の九星(本命星)がわかったら
暦の九星をみて
自分と同じ数字の前後2日間が
運勢いいですよ
ということです

例えば
僕の場合は六白金星なので
暦をみると
4、13、22日が六白なので
その前後2日間が運勢がいい
ということになります

なので何か新しいこと始めたり
どっかでかけたりなど
行動を起こすのに良い日
となるわけです。

結構簡単でしょ^ ^

ただ細かくみると
その中でもとくにいい日とか
あまり良くない日とか
あるんですけどね

それでも
大安や仏滅で判断するよりは
開運につながります

大安、仏滅などは
六曜といって

例えば
九星で良い日が2つあったとして
どちらにしようかな?
って時に参考までに
見る程度な
ものなんです。

なぜ今の日本人は
暦が読めなくなって
その代わり
六曜だけがカレンダーに書かれるのか?

これも
どこぞの意図があるのかも
しれませんね

運命とは
命を運ぶと書きます

追い風の時に帆をはれば
ぐんぐん進みます

向かい風の時は
がむしゃらに帆をはっても進みません
逆風でも前へ進む帆の使い方があります

風向きを知り
うまく前へ進ませるのが
九星氣学なんです!

-九性氣學

Copyright© 温故知新 , 2019 All Rights Reserved.